« 湘南散歩 | トップページ | ニワトリ »

2008/08/03

古典タンゴトリオ

0808038月2日は「市川市文化会館」大会議室、8月3日は「さいたま市民会館うらわ」コンサート室にて、午後のコンサート。メンバーは両日とも、ピアノ青木菜穂子、バンドネオン鈴木崇朗、コントラバス東谷健司。写真は3日の「さいたま市民会館うらわ」の様子。
主催のアンデルセン文化事業部Nさんの要望に応えて、「古典タンゴトリオ」という名前で、古典タンゴをオーソドックスなアレンジで演奏するバンドを作りました。古典タンゴと一口に言っても、いろいろなスタイルが有るし、1900年代から1940年代(くらい)の曲をバランスよく取り上げたり、青木さんアレンジの曲もレパートリーも取り入れたりと、どなたにも馴染みやすく、また飽きずに楽しめるようなコンサートになるように選曲や構成に工夫をしたつもりです(アンケートではなかなか好評でしたよ^^)。今回は土日の昼間、ということも有ってか、両日ともたくさんのお客様に来ていただきました。暑い中、ありがとうございましたhappy01
このメンバーでの次のコンサートは、8月25日(月)です。よろしくお願いします。でも、、、昼間なんだなsweat01

プログラムは、両日同じで、
第一部
1.ア・メディア・ルス 「淡き光に」  エドガルド・ドナート作曲
2.エル・チョクロ 「とうもろこし」   アンヘル・ビジョルド作曲
3.シルバンド 「口笛を吹きながら」 カトゥロ・カスティージョ、セバスチャン・ピアナ作曲
4.マノ・ブラーバ 「凄腕」 マヌエル・ブソン作曲
5.ミ・ノーチェ・トゥリステ 「我が悲しみの夜」  サムエル・カストリオータ作曲
6.ロカ・デ・アモール 「狂乱の恋」  R.J.ポデスタ、E.カビグリア作曲
7.ア・オルランド・ゴニ 「オルランド・ゴニに捧ぐ」  アルフレド・ゴビ作曲
8.ケハス・デ・バンドネオン 「バンドネオンの嘆き」 ファン・デ・ディオス・フィリベルト作曲
第二部
1.ミロンゲアンド・エン・エル・40(クアレンタ) 「40年代のミロンガ」 アルマンド・ポンティエル作曲
2.マル・デ・アモーレス 「恋わずらい」 ペドロ・ラウレンス作曲
3.ミロンガ・デ・ミス・アモーレス 「我が愛のミロンガ」 ペドロ・ラウレンス作曲
4.マラ・フンタ 「悪い仲間」 フリオ・デカロ作曲
5.マリポシータ 「蝶々」 アンセルモ・アイエタ作曲
6.パロミータ・ブランカ 「白い小鳩」 アンセルモ・アイエタ作曲
7.エル・アマネセール 「夜明け」 ロベルト・フィルポ作曲
8.カナロ・エン・パリス 「パリのカナロ」 アレハンドロ・スカルピーノ、ファン・カルダレーラ作曲 
アンコール:ラ・クンパルシータ

|

« 湘南散歩 | トップページ | ニワトリ »

コメント

暑い中、たくさんのお客様で盛況でしたねwink
また土日に開催してくれれば行きますね。さすがに平日の昼は・・・

投稿: まさみ | 2008/08/04 23:20

>まさみさん
いつもありがとうございます。
平日の昼が都合の良い方々もいらっしゃるのですが、やっぱり限定されますからねぇ。主催者の意向(都合?)ですから、僕には何とも言えませんが。

投稿: 東谷健司 | 2008/08/10 10:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95325/42055865

この記事へのトラックバック一覧です: 古典タンゴトリオ:

« 湘南散歩 | トップページ | ニワトリ »